NNAグローバルナビ アジア専門情報ブログ

30年にEV330万台生産、世界シェア12%へ

韓国産業通商資源省は28日、地場完成車メーカーによる電気自動車(EV)の生産規模を2030年までに330万台まで拡大する内容を骨子とした「自動車産業グローバル3強戦略」を発表した。EVの世界シェアは現在の5%から12%に引き上げる。これに向け、26年までに企業が計画する95兆ウォン(約9兆6,200億円)以上の投資について、税制面などで支援する方針だ。
同省は、世界トップ3入りに向けた4大戦略として◇電動化グローバルトップティアへの飛躍◇エコシステム(ビジネス生態系)全般の柔軟な転換◇安定的なサプライチェーン(調達・供給網)の構築◇自動運転およびモビリティー新産業の創出——を提示した。
電動化を主導するため、21年時点では25万4,000台水準だった国内完成車メーカーの世界でのEV生産台数を約13倍の330万台に拡大する。
電動化の競争力を左右するソフトウエアや半導体分野も強化。無線通信を利用してソフトウエアを更新する「オーバー・ジ・エア(OTA)」や基本ソフト(OS)など車載ソフトウエアを26年までに国産化する。人材育成にも力を入れ、30年までにソフトウエア融合人材1万人など、計3万人規模の専門人材を育成する。車載ソフトウエア認証支援センターも構築し、30年までに専門企業を300社育成する計画だ。
車載半導体分野では、プロセッサーやセンサー、パワー半導体など16品目を集中的に開発し、世界シェアを21年の3.3%から30年には6.6%に引き上げたい考え。
■EV航続距離600キロに
世界最高水準のEVおよび水素燃料電池車(FCV)の開発にも乗り出す。超急速充電で80%充電するのに要する時間を、現在の18分から30年には5分に短縮する。1回の充電で走れる航続距離は、現在の500キロメートル水準から25年には600キロまでの引き上げを目標とする。
FCVについては、現在の30万キロ程度の耐久性を30年までに80万キロに拡大。1キログラム当たり13キロメートルの燃費は17キロまで改善する。
大型モーターや超高速ベアリングなど、海外への依存度が高いEV・FCVの中核部品14種についても国産化を支援していく。素材の国産化率は現在の70%から25年には90%以上に引き上げる計画だ。
このほかにも、安定的なサプライチェーンの構築に向けて、自国のEVを優遇する内容を含む米国のインフレ抑制法に対応したバッテリーの確保を急ぐほか、完成車メーカーの米国でのEV生産前倒しも支援する。
自動運転の技術開発への支援も惜しまず、現在先進国の84%水準である部品競争力を27年にはほぼ100%の達成を目指す。24年からは、自動運転部品の商用化に向けた総合研究団地も構築する計画だ。

object(WP_Post)#9310 (24) {
  ["ID"]=>
  int(6743)
  ["post_author"]=>
  string(1) "3"
  ["post_date"]=>
  string(19) "2022-09-30 00:00:00"
  ["post_date_gmt"]=>
  string(19) "2022-09-29 15:00:00"
  ["post_content"]=>
  string(3271) "韓国産業通商資源省は28日、地場完成車メーカーによる電気自動車(EV)の生産規模を2030年までに330万台まで拡大する内容を骨子とした「自動車産業グローバル3強戦略」を発表した。EVの世界シェアは現在の5%から12%に引き上げる。これに向け、26年までに企業が計画する95兆ウォン(約9兆6,200億円)以上の投資について、税制面などで支援する方針だ。
同省は、世界トップ3入りに向けた4大戦略として◇電動化グローバルトップティアへの飛躍◇エコシステム(ビジネス生態系)全般の柔軟な転換◇安定的なサプライチェーン(調達・供給網)の構築◇自動運転およびモビリティー新産業の創出——を提示した。
電動化を主導するため、21年時点では25万4,000台水準だった国内完成車メーカーの世界でのEV生産台数を約13倍の330万台に拡大する。
電動化の競争力を左右するソフトウエアや半導体分野も強化。無線通信を利用してソフトウエアを更新する「オーバー・ジ・エア(OTA)」や基本ソフト(OS)など車載ソフトウエアを26年までに国産化する。人材育成にも力を入れ、30年までにソフトウエア融合人材1万人など、計3万人規模の専門人材を育成する。車載ソフトウエア認証支援センターも構築し、30年までに専門企業を300社育成する計画だ。
車載半導体分野では、プロセッサーやセンサー、パワー半導体など16品目を集中的に開発し、世界シェアを21年の3.3%から30年には6.6%に引き上げたい考え。
■EV航続距離600キロに
世界最高水準のEVおよび水素燃料電池車(FCV)の開発にも乗り出す。超急速充電で80%充電するのに要する時間を、現在の18分から30年には5分に短縮する。1回の充電で走れる航続距離は、現在の500キロメートル水準から25年には600キロまでの引き上げを目標とする。
FCVについては、現在の30万キロ程度の耐久性を30年までに80万キロに拡大。1キログラム当たり13キロメートルの燃費は17キロまで改善する。
大型モーターや超高速ベアリングなど、海外への依存度が高いEV・FCVの中核部品14種についても国産化を支援していく。素材の国産化率は現在の70%から25年には90%以上に引き上げる計画だ。
このほかにも、安定的なサプライチェーンの構築に向けて、自国のEVを優遇する内容を含む米国のインフレ抑制法に対応したバッテリーの確保を急ぐほか、完成車メーカーの米国でのEV生産前倒しも支援する。
自動運転の技術開発への支援も惜しまず、現在先進国の84%水準である部品競争力を27年にはほぼ100%の達成を目指す。24年からは、自動運転部品の商用化に向けた総合研究団地も構築する計画だ。" ["post_title"]=> string(55) "30年にEV330万台生産、世界シェア12%へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(151) "30%e5%b9%b4%e3%81%ab%ef%bd%85%ef%bd%96330%e4%b8%87%e5%8f%b0%e7%94%9f%e7%94%a3%e3%80%81%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a212%ef%bc%85%e3%81%b8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-09-30 04:00:05" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-09-29 19:00:05" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(33) "https://nnaglobalnavi.com/?p=6743" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" }
 NNA
エヌエヌエー NNA
アジアの経済ニュース・ビジネス情報 - NNA ASIA

アジア経済の詳細やビジネスに直結する新着ニュースを掲載。
現地の最新動向を一目で把握できます。
法律、会計、労務などの特集も多数掲載しています。

【東京本社】
105-7209 東京都港区東新橋1丁目7番1号汐留メディアタワー9階
Tel:81-3-6218-4330
Fax:81-3-6218-4337
E-mail:sales_jp@nna.asia
HP:https://www.nna.jp/

国・地域別
韓国情報
内容別
ビジネス全般人事労務

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※がついている欄は必須項目です。

コメント※:

お名前:

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください